矯正治療

歯並びを整えて、今までとは違うステキな笑顔を手に入れませんか?

乱れた歯並び、悪い歯並びをコンプレックスに感じていませんか?大人だから矯正はできないと、あきらめてしまっていませんか?

歯並び・噛み合わせに関するお悩みを解決するためにご検討いただきたいのが、矯正治療です。

歯並び・噛み合わせの悪さは、見た目だけでなくお口の機能を低下させる可能性も。そればかりか、心や全身の不調の原因となることもあるのです。

成長が完了した大人でも矯正治療は受けられます。歯並びのことで気になることがあれば、銀座マロニエ歯科へぜひお気軽にご相談ください。
当院では、矯正専門医が治療を担当しますので安心しておまかせいただけます。

銀座マロニエ歯科の矯正治療~新しいあなたに出会うために~

矯正治療には時間がかかります。歯並びの状態や使用する装置にもよりますが、2~4本の歯なら1年、歯列全体を動かす治療なら1年半~3年ほどかかります。 また、歯を移動させた直後は元に戻ろうとする力が働きますので、移動させたのと同じくらいの年月を「保定(歯の位置を安定させる)」期間が必要です。 つまり、トータルで3~5年はかかると見てよいでしょう。さらに、費用も他の治療に比べ大きな負担となります。

矯正治療を途中でやめてしまうと、さらに歯並びが悪くなったり、最悪の場合は抜けてしまったりなどのトラブルが起こることがあります。 そうすると、ブラッシングなどお手入れも難しくなるため、虫歯や歯周病といったお口の病気にかかりやすくなってしまいます。治療費用としてさらに負担となることも。

当院では、矯正治療をご希望の患者さんに対して、よりよい歯並びを実現するための提案をさせていただくのはもちろん、最後までしっかりお付き合いさせていただきます。 まずは、歯並びのお悩みを私たちにご相談ください。ご希望の方には、無料カウンセリングやシミュレーションも行います。

銀矯正をするメリット・しないデメリット

  • 悪い歯並びをそのままにしておくと……?
  • 食べ物をしっかり噛めないため胃腸へ負担がかかる
  • ブラッシングがしにくいため虫歯や歯周病になりやすい
  • 将来、入れ歯を作るのが難しくなる
  • 歯と歯の間から空気が漏れ、発音しにくい
  • 顎の骨の成長を妨げ、ひどい場合は顔の骨格が歪むことがある
  • 歯並びの悪さにコンプレックスを抱いたり、負担に感じたりするなど、気持ちが消極的になってしまうことがある
  • お口周辺から全身まで筋肉の使い方がアンバランスになり、頭痛・肩こり、顎関節症などの原因となることがある
  • 矯正治療で得られるメリット
  • しっかり咀嚼することができるようになり、栄養の摂取が効率よく行える
  • ブラッシングしやすくなることで治療中に口腔ケアへの意識が高まり、虫歯や歯周病を遠ざけられる
  • お口のケアがしやすくなることで、歯を失うリスクも低減する
  • 発音しやすくなる
  • 顎をはじめとした顔全体の骨格のバランスが整えられる
  • コンプレックスが解消され、健やかで心地よい生活が送れる
  • しっかり噛んで力を出すことができるようになり、スポーツなどで自分の持てる力を最大限に発揮できる
  • 原因不明の身体の不調(頭痛・肩こり・顎関節症など)が解消される

乱れた歯並びの具体例~当てはまるものはありますか?~

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯と歯が重なって生えている状態。歯列がデコボコしているためブラッシングがしにくく、プラークがたまり虫歯や歯周病になりやすい歯並びです。「八重歯」も叢生に含まれます。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯を噛み合わせたときに前歯の上下が噛み合わず、上下に隙間ができている歯並びです。しっかり噛むことが難しく、胃腸へ負担となっていることもあります。息漏れが起きて発音障害となることも。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

歯と歯が重なって生えている状態。歯列がデコボコしているためブラッシングがしにくく、プラークがたまり虫歯や歯周病になりやすい歯並びです。「八重歯」も叢生に含まれます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

噛み合わせが深く、上の歯列が下の歯列を覆い隠すようになっている歯並び。歯ぐきを傷つける原因になったり、顎関節症や歯肉炎を引き起こしたりします。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯列、もしくは上顎全体が前に突き出た歯並び。上顎と下顎の成長・大きさがアンバランスで起こっていることがほとんどです。「出っ歯」も上顎前突に含まれます。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

上顎前突とは逆に、下の歯列、もしくは下顎全体が前に突き出た歯並び。こちらも上顎と下顎の成長・大きさがアンバランスで起こっています。一般に「受け口」と呼ばれるものです。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

顎に対して歯が小さく、歯と歯の間に隙間ができている歯列です。一般に「すきっ歯」と呼ばれます。歯の隙間から空気が漏れ、発音に支障が出るケースもあります。

取り扱い矯正治療紹介

矯正法としてもっとも一般的なものがマルチブラケット法です。歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる部品を取り付け、 そこにワイヤーを通して小さな負荷をかけ、歯を少しずつ移動させていきます。マルチブラケット法は治療実績も多く、どんな歯列にも高い効果を発揮しています。 当院では、マルチブラケット法を応用したさまざまな矯正治療を行っています。

アソアライナー

アソアライナー

ブラケットやワイヤーを使わず、透明なマウスピース型の矯正装置を用いる矯正法です。装置が目立たないうえ、自分で取り外せるので食事や口腔内ケア時のジャマにならず、ストレスなく治療に臨めます。

メタルブラケット

メタルブラケット

ブラケット部分が金属の矯正法です。目立ちますが、矯正期間が短く済み、比較的安価に治療が行えます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

ブラケット部分が金属の矯正法です。目立ちますが、矯正期間が短く済み、比較的安価に治療が行えます。

クリアブラケット

クリアブラケット

ブラケット部分に透明の素材を使用した矯正法。セラミックブラケット同様に、目立たない矯正が可能です。治療効果はメタルブラケットと同じです。

デーモンシステム

デーモンシステム

ブラケット部分に可動域を設けることで、小さな力でより効果的な歯列移動を実現した最新の矯正法です。

ホワイトワイヤーブラケット

ホワイトワイヤーブラケット

ワイヤーに白い色のものを使用し、装置を目立たなくさせた方法です。

リンガルブラケット

リンガルブラケット

歯の表面(唇側)に装置を取り付ける通常の矯正法に対し、舌側(リンガル)にブラケットを装着する方法です。 ブラッシングが難しくなる、治療期間が多少長くなるといったデメリットはありますが、正面から装置が見えません。矯正をしていることを気づかれたくない方におすすめです。

to page top

English Speak Dentist.

  • ワンタイムクリーニング
  • カウンセリング
  • スナップオンスマイル
  • ルミネアーズ
  • TreatmentMenu
  • レーザー治療
  • 矯正治療
  • インプラント治療
  • 審美治療
  • ホワイトニング