インプラント治療

ご自分の歯を失ってしまったときの治療~インプラント~

インプラント治療は、天然歯を失ってしまったときに、歯の機能を回復するための補綴(ほてつ)治療のひとつ。 歯を支える顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、上部に人工歯を取り付けて歯の本来の機能を取り戻します。

インプラントが顎の骨と強固に結合するためしっかり噛め、天然歯と遜色ないため自然で美しい仕上がりを実現します。

安全・安心の銀座マロニエ歯科のインプラント治療

当院のインプラント治療には、ノーベル社のインプラントを採用。
一つひとつにシリアルナンバーが入り、10年間の保証がついていますので、 万一折れるようなことがあっても、同じものに交換することができます。

また、治療に際しては、正確な診断を行い適切な処置をご提案。
衛生管理も徹底しております。治療前のカウンセリングとシミュレーションを行い、 治療後はインプラント特有のインプラント周囲炎にならないためのメンテナンスメニューも充実させています。

インプラント治療について関心がある方は、ぜひお気軽に当院へご相談ください。

入れ歯やブリッジとの違い

当院では、歯を失ったときの補綴(ほてつ)治療には、インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの治療法からお選びいただけます。
それぞれのメリット・デメリットを考慮し、一人ひとりの患者さんに合った治療法をご提案しています。

補綴
治療
比較表
インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント ブリッジ 入れ歯
支え [自分の顎の骨]
1本ずつ独立して支えます
[失った歯の両隣の歯]
両隣の歯を大きく削って、連結した人工歯を被せます
[周囲の歯や歯肉]
部分入れ歯の場合は金属バネで固定します
メリット
  • 天然歯で噛む感覚に近い
  • 見た目に治療したことがわからないほど自然
  • 周りの歯に負担をかけない
  • 顎に噛む刺激が直接伝わり、骨が痩せにくい
  • 噛むときに違和感が少ない
  • 見た目が自然
  • 治療期間が短い
  • 保険適用が可能
  • 保険が適用でき比較的安価
  • どんな症例にも対応可能
  • 歯型を採るだけなので、治療時に身体の負担が少ない
  • 調整・修理がしやすい
デメリット
  • 自費診療となるため費用が高額となる
  • 外科的手術が必要
  • 持病によっては治療が受けられない
  • 治療期間が比較的長い
  • 両隣の健康な歯を大きく削ることになる
  • 支えとする歯への負担が大きい
  • 歯を失った部分の顎の骨が痩せやすい
  • ブリッジと歯肉の間に食べかすが詰まりやすい
  • しっかり噛めない、噛む力が小さくなる
  • 慣れるまで違和感がある
  • 部分入れ歯の場合、支えとする歯に負担がかかる
  • 歯を失った部分の顎の骨が痩せやすい
  • 入れ歯の使用がわかりやすい

スナップオンスマイルはこのような方におすすめ

  • 残っている歯に負担をかけたくない
  • 一番奥の歯を失った
  • 入れ歯の使用感が悪く困っている
  • 入れ歯以外の治療法を希望している
  • 歯でしっかり噛む感覚が得られる食事がしたい
  • これまでに入れ歯を何度も作り直している

インプラントが歯周病に?「インプラント周囲炎」とは

インプラント治療は画期的な治療法ですが、治療後に注意すべきことがあります。

それは歯周病と同じ症状が現れる「インプラント周囲炎」。

歯周病菌が原因で歯周組織に炎症が起こるお口インプラント特有の病気です。

インプラント自体は耐久性が高く、メンテナンスがきちんと続けられれば半永久的に保持できます。
しかし、人工物であるインプラントには天然歯のような神経や歯根膜といった歯の健康を維持するための組織がありません。 そのため、歯周炎になっても気づきにくく、最悪の場合はせっかく入れたインプラントが脱落してしまうことがあるのです。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎の原因には、歯周病菌の存在があります。歯周病菌は誰のお口の中にも存在するといっても過言ではありません。
それだけでなく、次のようなこともインプラント歯周炎を招く原因となります。

荷重負荷

奥歯にインプラントを入れた場合、噛み合わせの加減で一点に負荷がかかってしまうことがあります。 負荷がかかりすぎることでインプラントを支える骨を傷つけてしまうと、インプラント周囲炎が起こりやすくなります。

ケア不足

インプラントや人工歯には、歯周病菌の温床となる細菌やプラークが付着しにくい素材が使われています。 しかし、ケアを怠ると、接合面などにプラークが付着したり歯石が溜まったりしてしまいます。

インプラント周囲炎を防ぐには

インプラント周囲炎を予防するには、治療後のメンテナンスを継続して行う必要があります。効果的なメンテナンスとしては、次のようなものがあります。

効果的なメンテナンス
  • 1.適切で丁寧な毎日のブラッシング(セルフケア)
  • 2.専門家によるクリーニングを定期的に受ける
  • 3.定期健診による噛み合わせのチェック・管理
  • 4.強い噛み締め・歯ぎしりを予防するナイトガードの使用
インプラント周囲炎の治療

インプラント周囲炎になってしまったら、適切な治療法を行うことになります。 軽度の場合は、通常の歯周病治療と同様に、歯周ポケットの洗浄などプラークや歯石を落とす処置を行います。

重度になると、PMTC(専門家によるクリーニング)や抗菌剤・消毒剤を用いた洗浄・消毒・抗菌といった処置、外科手術を行います。

当院では、インプラント周囲炎の治療にレーザー治療を採り入れています。 レーザーを用いれば、膿や腫れなどを一時的に取り除くことができます。 しかし、最悪のケースでは抜歯が必要となることも。治療後は定期健診・メンテナンスを積極的に受け、インプラントを失わないようにしましょう。

インプラント治療の流れ

STEP1.カウンセリング

インプラント治療をご希望の方に、インプラントについてのご説明、問診やカウンセリングを行います。

次へ

STEP2.検査

詳細なお口のデータを採取するためにレントゲン撮影、CT撮影、歯型の採取などを行います。

次へ

STEP3.シミュレーション

検査の結果から診断を行います。カウンセリングでうかがったご希望と診断から最適なインプラント治療の計画を立案。治療のシミュレーションも綿密に行います。

次へ

STEP4.インフォームド・コンセント

治療方針や治療計画、シミュレーションについて患者さんへわかりやすくしっかりとご説明します。不明な点や心配なこと、気になることがあればお気軽におたずねください。患者さんご自身がご納得し、内容に同意していただいてから治療を開始します。

次へ

STEP5.歯や歯周病の治療

インプラント治療の前に、お口のトラブルを排除しておく必要があります。虫歯や歯周病はもちろん、骨量が不足している方は、それぞれの症状に合った治療を行います。

次へ

STEP6.インプラント埋入手術

人工歯根を顎の骨に埋め込む手術です。手術は一回法と二回法の2つがあります。患者さんのお口の状況に応じて、適切な方法をご提案します。

次へ

STEP7.治癒期間

埋入したインプラント(チタン製)と顎の骨がしっかりと結びつくまで待つ期間です(状態や埋入した箇所によって期間は異なります)。一般に上顎は約半年、下顎は3ヶ月程度が必要とされます。治癒期間中は仮歯を装着しますので、歯がないということはありません。

次へ

STEP8.上部構造物の装着

一回法の場合は、固定が確認されたら上部に人工歯を取り付けます。二回法の場合は歯肉を再び切開し、連結部分を装着して人工歯の土台とし、切開部分の治癒を待ってから人工歯を取り付けます。

次へ

STEP9.噛み合わせチェック

上部構造物や人工歯の完成を待って、噛み合わせが適切かどうかチェックします。

次へ

STEP10.定期健診・メンテナンス

治療後は、インプラントを長期間正常にご使用いただくために定期健診・メンテナンスを受けていただきます。個人差はありますが、概ね3ヶ月に一度は受診ください。インプラントの状態だけでなく、お口全体をチェック・ケアすることで、健康な口腔内環境の維持に役立てます。

to page top

English Speak Dentist.

  • ワンタイムクリーニング
  • カウンセリング
  • スナップオンスマイル
  • ルミネアーズ
  • TreatmentMenu
  • レーザー治療
  • 矯正治療
  • インプラント治療
  • 審美治療
  • ホワイトニング